新郎新婦

一生一度の思い出の品を最高のものに仕上げる|格安結婚式のススメ

純日本風の挙式

ウェディング

参列は親族が主です

近頃東京でも増加傾向にある神前式は、純日本風の挙式スタイルです。そのためホテルやチャペルで行われる西洋風の挙式とは、大きく異なります。例えば一般的な結婚式との顕著な違いが見られるのが、参列者に関するルールです。神前式では、挙式に参列するのは主に親族に限られます。従って、友人や知人などは基本的に参列を控えることが必要です。神前式は、概して神社などの小規模な施設で実施されます。式場のスペースも限られており、大人数が入室するにはかなり手狭なことが多いです。神前式では様々な儀式が執り行われるため、ある程度空間にゆとりがあることが求められます。東京の神前式の場合、施設によっては友人などの参列も可能です。

挙式と披露宴に分かれます

一般的な結婚式では、通常挙式と披露宴の費用が発生します。ホテルを利用する場合には、このような費用がすべて料金に含まれているのが常です。一方、チャペルやお寺での挙式では、概して場所を移して披露宴が行われます。このスタイルをとると、挙式と披露宴は別料金です。挙式だけの費用を比べた場合、東京で行われている神前式は比較的割高です。神前式では、主に衣装代が高額になる傾向があります。特に女性は白無垢や十二単などを身につけることがあり、レンタル料も高額です。その分、披露宴の費用を安く抑えられるのが神前式と言えます。ゲストの人数が少ない場合は、接待に要する費用も低額です。東京で神前式を行う際には、このような費用の仕組みについて押さえておくと役立ちます。