新郎新婦

一生一度の思い出の品を最高のものに仕上げる|格安結婚式のススメ

早めの予約

人形

早めに決定することが大事

今でもホテルで結婚式を行う人は多いですが、人気があるところは1年以上前から週末は予約で埋まっていることがよくあります。1年前は難しくても、挙式の半年位前には日取りが決まるようにすることです。 最近は、結婚式をする際に媒酌人を立てることが減りました。しかし、媒酌人を立てたいと希望する場合は、二人だけの考えで挙式の日取りを決めるわけにはいきません。媒酌人の都合もあるからです。全員で相談して決めるのが基本になります。 挙式と披露宴をしたい結婚式場が決まっている場合は、日取りを決めるのに、その結婚式場の空き状況に合わせる必要があります。挙式の日取りは、どんな場合でも早めに検討することが重要とされています。

結婚式をするのに人気の時期

結婚式をする時期で人気なのが、春と秋と6月です。特に、6月はジューンブライドと言って、その時期に挙式をすることを望む花嫁が多いとされています。しかし、我が国では6月は梅雨の時期にあたるので、招待客のことも考えて梅雨入り前に挙式すると言う人も多いです。ジューンブライドにこだわる人は、雨が降ってもいいように駅に直結した式場を選ぶこともあります。こう言う場所なら、雨が降ったとしても招待客に迷惑がかかることが少ないです。 また、最近ではオフシーズンとされていた、冬に行う結婚式の人気が高くなってきています。その時期は晴天率が高いので、12月から2月にかけて予約が埋まっていると言う式場も多くなってきました。